科目ごとの学力

ほとんどの学校では、入学試験を実施するに際して、受験した科目の合計点数による合否判定を行なっています。だからと言って、科目による学力のばらつきが大きい状態で入学試験を受けると、「足切り点」と呼ばれる科目ごとの基準点に引っ掛かって、不合格になるリスクが存在するので、注意する必要があります。中学受験を考える上では、足切りに関する情報も収集しておくことをおすすめします。

足切り点は、全科目を合計した点数の合格ラインとは別に設定される、科目ごとの基準点です。足切りというシステムが採用されている試験では、全科目の合計点が合格ラインに達していても、足切り点に引っ掛かる科目がひとつでもあれば、不合格になってしまいます。したがって、その種の試験が実施される学校を志望する場合には、科目ごとの学力差を無くすよう、苦手なジャンルの補強に力を入れた準備を進めることが大切になります。

ただ、足切り点が定められているからと言っても、そのハードルは、決して高く設定されているという訳ではありません。そのような事情から、全科目の合計点数が合格ラインに達しているものの、足切り点に満たない科目があって、不合格になるというケースはほとんどないと言えます。