願書を出す学校の数

専願・併願の内、どちらを選択するのかは、中学受験を控えた生徒、その保護者にとって大切な問題です。それらの選択肢には、いずれも一長一短があるので、一概にどちらが良いと言いきることはできません。したがって、それぞれの違いを理解した上で、自身の適性やニーズ、希望条件に照らし合わせ、適切な方法を選びましょう。

その内、専願の場合、一つの学校だけに願書を提出することとなります。受け入れ側の学校としては、専願による受験生は合格した場合、自校に入学してくれる可能性が高いというアドバンテージがあります。そういった事情から、専願者には、併願者よりも有利な条件で採用選考が行なわれるという特典が設けられています。したがって、第一志望の学校を専願で受験すれば、その学校に合格する確率は併願者よりも高くなります。

ただし、他の学校を滑り止めに受験していないために、第一志望校の入試で不合格になった場合、行き場が無くなるリスクが高いという点に注意する必要があります。そのような問題を解決するためには、併願で受験するという方法があります。併願の場合、専願よりも選考基準は厳しくなるものの、中学浪人になるリスクが低いという利点が存在します。