繰上げ合格について

試験を実施する中学校の側では、定員数の合格者を確保することが必要とされますが、合格はしたものの、入学を辞退する受験生の出ることが想定されるため、実際には定員よりも多めに合格者を出すこととなります。ただ、そのような対策を講じたにもかかわらず、予想を上回る数の入学辞退者が出て、定員数に達する合格者を確保することができないという場合、「繰上げ合格」「補欠合格」と呼ばれるシステムが機能することとなります。

そういった場面では、正規合格者には選抜されなかったものの、後から繰り上がって合格する生徒が出ます。そのように、繰上げ合格というシステムを採用している学校の中には、正規合格者を発表する際に、繰上げ候補者及び繰上げ順位を発表するところと、しないところが存在します。それらの中で、候補者と順位が両方とも発表される学校では、自分の名前が候補者の中にあれば、順位が高いほど、合格する可能性が高いという見通しを持つことが可能です。

そうしたシーンでは、過去のデーターを参考にして、合格率を予想することもできます。また、試験を受けた学校に電話を掛けて、直接問合わせをするという選択肢もありますが、電話の頻度や回数には注意する必要があります。