催しの対象者と内容

受け入れ側の中学校によって実施されるイベントに、学校説明会やオープンスクール、オープンキャンパスと呼ばれるものがあります。それらの中で、学校説明会は、受験生の参加も認められてはいますが、その主たる対象は保護者とされております。その一方で、オープンスクール(キャンパス)の場合、受験生本人の参加を前提として、バラエティ豊かな企画が用意されています。

それらの企画の例として、授業やクラブ活動の体験というものが存在します。そのように、各学校の特色が活かされた企画へ参加することにより、受験生はその学校へ入学してから、自分が送ることになるスクールライフを、具体的にイメージすることができます。

また、それらの公開イベントでは、在校生と受験生が、情報交換やコミュニケーションをすることのできる場が、豊富に設けられているという特徴もあります。例えば、在校生が校内の様子、自分が入学してみての感想を参加者に述べたり、施設見学の案内・説明を行なったりする事例も見受けられます。そのようにして、在校生と触れ合うことにより、受験生は自分と同じ立場で受験勉強をして、入試に受かり、学校生活を送っている先輩から貴重な情報を得ることができます。