指導スタイルの相違点

マンツーマンで指導が行なわれる個別指導塾や家庭教師、通信添削の場合、生徒のオリジナリティを学習プラン、使用する教材などに反映させやすいというメリットがあります。例えば、担当する生徒の苦手な分野を克服したり、得意なジャンルをさらに伸ばしたりするために多くの時間を割いたり、それらの分野に特化した教材を使ったりしても、他の生徒に迷惑をかける心配をしなくて済みます。

また、生徒の個人的な都合によって、指導日時の変更やキャンセルを行ないやすいというのも、個別指導のアドバンテージと言うことができます。そして、先生と生徒が一対一の環境であれば、他の生徒の視線や聞き耳にさらされていないので、生徒の方から抱えている疑問や不安、悩みを打ち明けやすい雰囲気がつくり出されるという利点も存在します。

ただし、マンツーマン指導の場合には、一緒に授業を受ける生徒が存在しないために、ライバルとの競争や、仲間同士の助け合いによる学習効果のアップが期待しにくいという問題点があります。そういった問題を解決するためには、集団指導塾を利用すると良いでしょう。集団指導塾の場合、個別指導塾よりも利用料金がリーズナブルに設定されているという利点があります。