環境を整える手段

中学受験の準備を効率良く進めるためには、それなりの学習環境を整えることが大切になります。例えば、塾や家庭教師、通信添削といったサービスを利用する場合には、指導対象となる生徒の人数に気を配ることをおすすめします。

それらの中で、個別指導塾や家庭教師、通信添削では、マンツーマンの指導スタイルが採用されています。そのように、指導対象人数が一人という環境の中では、他の生徒に煩わされることなく、自身のオリジナリティを活かしたプランを作成し、マイペースで受験準備を進めることが可能となります。

また、同じように個別指導が行なわれるそれらのサービスには、学習指導のなされる場所や、指導方法の違いがあります。その内、個別指導塾の場合は、屋外に設置された特定の場所へ出向いて、家庭教師や通信添削は自宅で指導を受けることとなります。また、塾や家庭教師の場合、先生と生徒が直接対面して指導がなされますが、通信教育では、その名の通り通信手段が利用されるという違いがあります。

そのように、利用する教育サービスの種類によって、さまざまな条件が違ってくるので、それらの相違点を理解した上で、個人の特性に照らし合わせ、適切なものを選びましょう。