持つべき心構えとは?

巷には、親や先生から言われるままに、しかたなく勉強しているという受験生が見受けられます。そのように、他人にやらされているというスタンスでは、受験勉強に対するモチベーションを高い状態で維持することは難しくなるので、注意する必要があります。

そういった問題を解決するためには、受験に対する適切な心構えを持つことが大切です。例えば、勉強して、試験を受けるのは他人のためではなく、自分自身のために行なうのだと認識しておくことが大事になります。そのようにして、受験への気構えが適切なものとなれば、他人から言われるまでもなく、自ら進んで机に向かう習慣が身に付いてきます。

ただ、受験生本人が、自分だけの力でそういった心構えを持とうとする場合、経験や知識の不足から、困難になるという可能性があります。そういう場合には、保護者や学校教師、塾講師、家庭教師、通信添削スタッフ、友人などといった周りの人たちのサポートや協力が、大切な役割を果たすこととなります。例えば、その種の問題を抱えている受験生を見つけたら、頭ごなしに叱ったり、非難したりするのではなく、抱いている疑問や不安、悩みに耳を傾けて、適切な回答やアドバイスをすることが大切です。