本番へ臨むに際して

入学試験の本番は、受験生がそれまでに行なってきた努力の成果が問われる、大切な局面となります。そのような場面では、誰しも多かれ少なかれ、気分が高揚するものです。そういう風に、気持ちが高まることがプラスに作用すると、普段の実力よりも高いパフォーマンスが発揮されることとなります。

ただ、その一方でプレッシャーに負けて気分が委縮すると、日常的な生活シーンの中では、考えられないようなミスをしてしまうリスクが存在するので、気をつける必要があります。そうした精神的重圧に対する抵抗力は、受験生一人ひとりの性格によって異なってきます。また、さまざまな対策を講じることによって、感じるプレッシャーを軽くすることが可能になります。例えば、試験の前夜には適度に睡眠を取り、本番で脳が活発に働くよう、時間を見計らって起床することが大切です。

また、受験票や筆記用具など、試験会場へ持参する物品を忘れると、精神的に動揺することとなるので、あらかじめチェックリストを作るなどの対策を講じることをおすすめします。そして、会場までの道順を前もってチェックしておくことにより、当日になって道に迷い、気が動転したり、大切な試験に遅刻したりするのを防ぐことができます。