継続することが大切

これから、中学を受験しようと考えている生徒にとって、学習のペースアップを図ることは大切な条件となります。そのような方法を試みることにより、効率良く受験準備を進めて、志望校に合格する可能性の高まることが期待されます。

ただし、いくら勉強のペースを速めたいからと言っても、自分に対して、過剰にハードな試練を課すと、かえって学習の効率が下がることとなるので、注意する必要があります。例えば、新たな学習スケジュールを作成した後、最初の内は調子良く勉強が進んでいても、ノルマが厳し過ぎて短期間のうちに息切れがしたり、計画の立て直しを余儀なくされたりするといったケースが見受けられます。

そういった状況に陥ると、せっかく新しいスケジュールを立てたにもかかわらず、逆に勉強のペースが狂ったり、計画を立て直すために余計なエネルギーや時間、コストを負担するはめになったりしてしまいます。そうしたリスクを減らすためには、入学試験本番までのプロセスに於いて、無理なく継続することのできる学習プランを立て、実行に移すことが大切です。そのようにして、コツコツと学習を進めることにより、勉強をする習慣が身に付いてくるというメリットが得られます。