性格と時間的都合

ひと言で受験生と言っても、その性格は一人ひとり違っています。そのような状況の中で、中学の受験準備を進める際には、自分の性格を正しく見定めた上で、それに見合った学習環境を整えることが大切です。

例えば、周りに生徒がいて、一緒に授業を受けていると気が散って、勉強に集中しにくいというマイペースな性格の子どもには、独学や個別指導塾、家庭教師、通信添削といった教育サービスの利用をおすすめします。それらの内、マンツーマンの指導スタイルが採用されているサービスを利用すると、性格的な相性の良い先生を選びやすいというメリットがあります。先生も生徒も、一人ひとり性格の異なる人間ですから、相性の問題が発生してくるのは当然です。そういった状況の中では、自分と馬が合う先生から指導を受けることで、中学受験の準備を有利に進めることが可能となります。

また、個別指導という環境の中では、他の生徒に遠慮することなく、自分の時間的な都合を最優先させて学習を進めることができるという利点があります。例えば、集団指導の学習環境と比較して、都合が悪くて授業に出ることができない場合に、別の日時への振替えやキャンセルなどを行ないやすくなります。