長い休みの過ごし方

一般的な小学校では、春や夏、冬の特定の時機になると、長い休みがあります。そのように、長期間にわたる休暇を利用して、休養を取ったり、趣味に興じたりすれば、日常的な学習でたまった精神的ストレスを軽減したり、身体的疲労を回復させたりすることが可能となります。ただし、これから中学を受験しようと考えている生徒の場合には、ただ単に休んだり、遊んだりするためだけに長期休暇を使ってしまうのは、もったいないことです。

そのような事柄を軽視して、休みだからと言って受験生であることさえ忘れ、気を緩め過ぎると、ライバルたちに大きな差をつけられ、新学期が始まってから後悔するはめになり兼ねないので、気をつける必要があります。そうした失敗をしないためには、休み中であってもきちんとスケジュールを立てて、それに沿って学習を進めることが大事になります。

そういう風に、長期休暇中の学習プランを作成する上では、学校に通っている時のように、通い先の学校で過ごす時間や、授業の予習・復習といった項目を盛り込む必要がありません。そのようにして、開いた時間を有効活用すれば、前の学期の総まとめや継の学期の先取り学習、苦手分野の集中的な補強などを行なえます。