適度に休憩を取ろう

定められた仕様書に沿ってつくられ、製品をつくり出す工場機械などの場合、必要な環境が整ってさえいれば、原則として長時間にわたって稼働していても、その作業効率が落ちることはありません。その一方で、生身の人間である受験生は、精神的ストレスや身体的疲労を感じることにより、勉強に対するモチベーションが下がり、パフォーマンスに悪影響を及ぼすこととなります。そのように、ストレスや疲労が蓄積し、学習効率が下がっているにもかかわらず、無理に勉強をし続けても、さらに状況は悪化する一方です。

そういった状況を打開するためには、タイミングを見計らって、適度な休憩を入れることをおすすめします。そうした方法を実践することにより、気分転換や精神的リフレッシュ、疲労の回復といった効果を得て、新たに勉強をしようという英気を養うことが可能となります。

そのようにして、休憩を取る際には、休憩中に何をするかという問題が生じてきます。例えば、仮眠を取ったり、間食をしたり、窓を開放して室内の空気を入れ換えたりするのは、疲労回復やエネルギーの補給、気分転換などに効果があります。そのほかには、音楽を聴いたり、本を読んだり、軽いスポーツを行なったりするという過ごし方が存在します。